アップデート – Macの場合

(1)今まで使っていた会計ジロウのフォルダ(以下、「旧フォルダ」と呼びます)のフォルダ名末尾の年月日を今日の日付にして圧縮し、その圧縮ファイルを「バックアップ」フォルダに移動します。バックアップのやり方は、バックアップのページをご覧ください。

フォルダ名の末尾を実施日の日付(20180606)にして圧縮することで、その日までのデータがバックアップされたことがわかります。

 

(2)新しい会計ジロウを「会計ジロウ」フォルダで解凍します(以下、解凍したフォルダを「新フォルダ」と呼びます)。詳しい方法は、インストールのページをご覧ください。

ダウンロードした新しい会計ジロウのファイルを解凍し、.dmgファイルの中からフォルダを取り出しました。圧縮ファイルと.dmgファイルは削除しました。

(3)新フォルダの名前の末尾に作業日の日付を追加します。

「_20180606」をファイル名末尾に追加しました。

 

(4)旧フォルダ内のデータファイル(拡張子が「.4DD」と「.4DIndx」のファイル各1個)を新フォルダにコピーします。

データファイル以外を移動させないように注意してください。

なお、会計ジロウではフォルダ内のファイル名はアプリケーションの名称と同一にする必要があります。v102以前の会計ジロウからv103以降にアップグレードする場合は、旧フォルダからコピーしたデータファイル(dc.4DDとdc.4Dindx)のファイル名を「dc」から「会計ジロウ」に変更してください。

v103以降では、ファイル名は「会計ジロウ」になりました。

 

(5) 新しい会計ジロウフォルダの中の「会計ジロウ.app」ファイルをダブルクリックします。

緑色の渦巻きのアイコンが実行アプリのファイルです。

 

(6)インターネットからダウンロードされたファイルであることの確認を求められるので、[開く]をクリックします。

 

「ログファイルがデータファイルと一致しません。」というダイアログが表示されるので、[OK]をクリックします。

続いて、「このデータファイルに対応する正しいログファイルを見つけることができませんでした。」というダイアログが表示されるので、[作成]をクリックします。会計ジロウ.journalファイルの保存ダイアログが表示されるので、会計ジロウ.appファイルと同じフォルダにある同名ファイルと置き換えて保存します。

バックアップに関するダイアログが表示されます。ログファイルが有効になるのはバックアップ後なので、[OK]をクリックして自動でバックアップを開始します。

 

(7)無事起動したら、「ホーム」画面の[終了]ボタンの下にある表記で、新しいバージョンが起動したことを確認します。

このスクリーンショットでの会計ジロウのバージョンはv102です。

 

(8)「会計ジロウ」を終了してから新フォルダを圧縮し、その圧縮ファイルを「バックアップ」フォルダに移動します。

新しいバージョンを使い始めるときのバックアップを作成しました。

[▲上へ戻る]